治療内容

●診療の流れ

① 問診

最初に、初診者記入用紙を書いていただきます。

それから、患者さんに体の状態(症状、痛いところ)などを詳しくお聞きいたします。

② 触診

お聞きした状態によりその適応する場所を見させていただき、原因をお調べいたします。

③ 各種治療施術

症状の原因から治療穴と治療内容が決まりますので、原因改善できるように、各治療の施術を開始いたします。

体全身の適応されるツボに施術を行いますので、肩や腰、下肢が出やすい服装でお越し下さい。

 

 

 

●各種治療

鍼(はり) 

患者さんの病気に対する主要穴に直接鍼を刺す治療です。

 と言っても鍼灸の鍼はとても細く、また、デリケートな日本人向きに開発した鍼を使用しますので痛みはほとんどありません。

 神経の直接刺激の療法であるため、アレルギーや副作用がなく、また薬物を使用しないため、通われている病院などで薬を処方されている方でも治療できます。

 当院の鍼治療は、基本的に部分的な局所のみの治療ではなく痛みの原因を見つけて、元となる部位から治療いたします。

 また、全身のバランスをとる全身治療と、現在蓄積されている疲れを取り、免疫改善に導かせる治療に心がけております。

 

灸(きゅう)

当院でのお灸は、基本的に電気で熱を発するレーザー灸を使用します。

 このレーザー灸は、従来のもぐさのお灸よりも非常に浸透率が高く、その上跡が付かないと言う特徴をもっております。

 また、熱さを我慢する必要もありません。

 また、ツボにピンポイントで熱が浸透しますので優れた効果があります。

 ただ、ペースメーカーを使用されている方や、手術などにより体内に金属が入っていらっしゃる方は適さない場合がございますので、その旨を事前にお伝えください。

 その場合は、従来のもぐさのお灸にて施術いたします。

 

電療(電気治療)

.はり・灸の治療と同時に、症状により適切な電気治療をいたします。患者さんの症状・体質などを考慮して適切な治療ができるように各種の電気治療器をそろえております。

 

医療マッサージ

患者さんの症状によっては、その症状に該当する場所の医療マッサージを施術いたします。

 

【旅館などの普通のマッサージと医療マッサージの違い】

 旅館などの普通のマッサージは、全身をほぐし、疲れをとることを目的としたもので、リラクゼーション的な役割をします。

 医療マッサージとは、病気(痛みの原因)などの神経に沿って指圧的なマッサージを行い、症状を軽減させることを前提においた施術になります。

 旅館などの普通のマッサージよりも「気持ち良い」と感じない場合がありますが、「気持ち良い」と感じるときは医療的には強すぎる場合がほとんどであり、高齢の方や、過敏な方は後々痛みが悪化することもあります。

 当院は患者さんの体質に合わせて、必要な施術内容を提案させていただき診療いたします。